■カウンター

■プロフィール

ともも

Author:ともも
好きなもの 動物
      羊毛フェルト
好きな言葉「継続は力なり」
アナログ生活から一歩前進
ときどき更新

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

年を重ねる
あけましておめでとうございます

CIMG2103.jpg

旧年中は大変お世話になりました
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます


2016年、暖かいお正月。
皆様どんな三が日を過ごされましたか? (´▽`*)

とももは例年どおり駅伝のTV観戦。
今年の箱根駅伝は、青山学院大の完全優勝。
盤石の走りを見せてくれました。

堂場瞬一氏の作品に、『チーム』という作品があります。
母校での出場が叶わず、学連選抜(現 学生連合)で選ばれ
走ることとなった学生達を描いたスポーツ小説です。
その巻末に”お世話になった方”として原晋監督の名前が載っています。
この本が刊行されたのは2008年。
この年、学連選抜が4位になった時の監督が原氏でした。

思い返すと、この時すでに監督は”青学の箱根駅伝出場、そして優勝”に向け
着実に歩みを進めていたのですよね。
それを知って昨年の優勝・今日の連覇の結果を思うと、
目標を掲げて力を尽くし、実現する者の強さを感じずにはいられません。

また、沢山の選手達のエピソードの中、心に残った順天堂大の小盛選手。
大学進学のための学費を自身で工面するため5年を費やし、
入学を果たして箱根駅伝を目指すも、エントリーされることはなかった。
でも、サポートで給水を無事渡し、取材に応えていた彼の笑顔は清々しかった。
目指すものがあっても、必ずしも達成されるとは限らない厳しい世界。
それでもひたむきに走り続ける姿に、私たちは魅せられるのでしょう。

達成できた選手も、不本意な結果だった選手も、
おごることなく、くじけることなく、次の目標へ向かって欲しいと願ってやみません。

駅伝ファンは周知のことと思いますが・・・、
前出の『チーム』や、三浦しをん氏の『風が強く吹いている』
臨場感あふれる素敵な青春小説です。
未読の方、是非ご一読を! ヽ(^o^)丿

いたずらに時を重ねるのではなく、私も描いている目標実現のため、頑張ろう!
・・・と思った2016年の新春。
振り向けば文字ばっかり (;´∀`)


これからもよろしくお付き合いください m(__)m

CIMG2116.jpg
「今年の主役はさるさんなのね・・・」

素敵な年になりますように ♡


スポンサーサイト


日記 | 23:57:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad