■カウンター

■プロフィール

ともも

Author:ともも
好きなもの 動物
      羊毛フェルト
好きな言葉「継続は力なり」
アナログ生活から一歩前進
ときどき更新

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■リンク
■RSSリンクの表示
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

富士山の話をしようじゃないか
下界はまだまだ暑いけれど・・・

富士山は今日初冠雪だったそうですね。

IMG_8131.jpg
きなことの散歩コースから見える富士山


今回は、富士山にまつわるちょこっと昔の話を(*^_^*)

私が小学生の時、どういった経緯かは覚えていないのですが、
親戚のおじさんと、父と兄との三人が富士登山をしました。
次の年、私も連れて行ってくれる約束だったのですが、
そのおじさんが急逝されたため思いかなわず・・・。
でもいつか私も富士山に登るんだと心に決めていました。

その思いが実現したのは数十年後の2004年。
IMG_0605.jpg
富士山五合目、吉田口からスタート!
IMG_0613.jpg
目指す先の山小屋。この周辺にはまだ緑も多いです。


残念ながら、初登頂は荒天のため8合目止まり。

日帰りで行ける、幼稚園児でも登る、という富士山ですが、
安全な登山シーズンは限られています。
当たり前の事ですが、自分の責任で登って、下りてくる。

思いは翌年に持ち越しとなりました(-_-;)
IMG_0969.jpg


翌年2005年、再挑戦。
ついに山頂で御来光を見ることができました!
IMG_0638.jpg
IMG_0631.jpg
ただただ、美しかったです。

IMG_0641.jpg
山頂はこんな岩場

1・2回目は息子を巻き込んで行きましたが、
さすがにそれ以上は付き合ってもらえませんでした~(・_・;)
今思えば、難しい年頃の男子がよく母親に合わせてくれたと感謝ですが・・・。


山頂まで登ったなら、次はお鉢巡りだわ!と3年目、
2006年、悪天候のため八合目止まり(@_@;)

そうして2007年
やっと念願のお鉢巡りも叶いました!

IMG_1889.jpg
お鉢巡りは噴火口をぐるりと一周、
最高峰3776mの剣が峰にも立ってきました(^o^)丿

IMG_1896.jpg
雲海に映る影富士

IMG_1888.jpg
この年の御来光

IMG_0644.jpg

なぜ山に登るのか・・・
けして楽ではないのに、遠くで見るだけだって充分じゃないか、
そんな声も聞こえるけれど・・・
(実際、他の家族は興味を示しませんでしたし~^_^;)

あの美しい山の頂上に一回でも良いから足を運んでみたい。
うまく説明できないけれど、私の中に湧いてくるのは
そんなシンプルな感情だったように思います。
そしてそれが叶えられた喜びはとても大きいものでした。

雄大な自然の中で、自分の小ささを実感し、
でも確かに存在している自分を見つめる事ができた大切な時間と空間。

もし、思いがあれば、そして機会があれば・・・
どうぞあの山の頂に足を運んでいただきたいと思います。
その際は、どうか体調も装備も万全で、決して無理をなさらぬように。
自然がいつも笑顔で迎えてくれるとは限りませんので。

私は、というと・・・
足腰に負担がかけられなくなったため、きなこ散歩で仰ぎ見る位ですが
見えた日は、なんとなく幸せ気分♪



そして下界では・・・

つい最近まで、水遊びの子供達で賑わっていた緑道へ
きなこと散歩
IMG_8228.jpg 「あれ?」

IMG_8232.jpg
「あんまり水が流れていないよ~」
ポンプの故障って書いてあったけど、水不足の影響かも・・・。

IMG_8231.jpg
「でもそれなりに楽しい~」

IMG_8238.jpg
「それなりに満足~」


IMG_2792.jpg
ランタナの葉陰にて・・・




スポンサーサイト


日記 | 23:55:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
ブログを読んで・・・。
「山を憶う」という合唱曲を思い出しました。
一遭難者が書き残した最後の手記をもとに書かれた
悲しい曲なのですが・・・。

息子さんは、早くに良い経験をされましたね。
もっと歳をとったら、ともも先生と一緒に登った富士山を
とてもなつかしく思う時がくるんでしょうね。

私は富士山が大好きなのですが、登山は体力的に無理かと。
3年前に白神山地の暗門の滝まで行ったのですが
アップダウンでへとへとでした。
とてもすばらしいところだったのですが。
2012-09-14 金 22:51:26 | URL | ホームズ [編集]
Re: タイトルなし
☆ホームズさん☆

いつも嬉しいコメントをいただきながら、返信遅くごめんなさいm(__)m
この夏の暑さに思いの他ダメージを受けていたような日々で・・・。

私が富士登山を続けていた頃は、ロードレース大会にも参加するため
けっこうな頻度で走ってトレーニングしていたため登れたのだと思います。
実はすごい山好き・・・という訳でなくて(・_・;)
山が好きだから富士登山 ≠ とにかく富士登山がしたい・・・後者です。

でも、稀に体験する非日常はとても刺激的ですよね!
ホームズさんも基礎体力をアップされたら、
是非チャレンジリストに富士登山を入れてくださ~い!


> ブログを読んで・・・。
> 「山を憶う」という合唱曲を思い出しました。
> 一遭難者が書き残した最後の手記をもとに書かれた
> 悲しい曲なのですが・・・。
>
> 息子さんは、早くに良い経験をされましたね。
> もっと歳をとったら、ともも先生と一緒に登った富士山を
> とてもなつかしく思う時がくるんでしょうね。
>
> 私は富士山が大好きなのですが、登山は体力的に無理かと。
> 3年前に白神山地の暗門の滝まで行ったのですが
> アップダウンでへとへとでした。
> とてもすばらしいところだったのですが。
2012-09-19 水 22:41:42 | URL | ともも [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad